ご法事お申し込み用FAX用紙(PDF)

お塔婆お申し込み用FAX用紙(PDF)

法光山善慶寺は1292年に建立。以来七百年を超えて連綿と法灯が継承されている日蓮宗の寺院です。
善慶寺が一般に知られているようになったのは1677年に起きた義民六人衆事件との深い関わりによるものです。

東京都史跡文化財

新井宿六人衆の墓は、第十九世遠妙院日宣上人と第二十世証源院日応上人のお力により生まれた墓で、六人衆が処刑されるにおいては当時の禁をおかしてまでも全員の遺骸を当山墓域に葬りました。

その後、六人衆供養の墓地と石碑は昭和六年に東京府史跡となり、六人衆の一人である太郎兵衛の末裔、間宮新太郎家で明治三十四年に発見された事件の訴状帖は善慶寺に納められ、貴重なる郷土史の文献として昭和三十九年四月二十八日に東京都文化財として指定されました。

新井宿義民六人衆についてはこちら

ホタルの一般公開

JCN大田区ケーブルテレビに紹介されました。善慶寺では、現住職の罍慈鴻によって平成二十三年よりホタルの一般公開を行っております。

本年度の公開日
5月22日~6月5日 20:00~22:00

期間内であれば自由に閲覧いただけます。

※境内内での飲食は御遠慮下さい。

※騒音等、近隣住民の方の迷惑にならないようご配慮ください。

ホタル一般公開への住職の思い


ページトップへ