ご祈祷

初参り

一般的に初参りとは、お宮参り、初宮参り、初宮詣ともいいますが、赤ちゃんが生まれて初めて参拝する行事のことをいいます。

子安鬼子母神様に赤ちゃんの誕生の報告と健やかな成長をお祈りします。
地域の風習によって、お宮参りと百日参りがありますが、初参りは、男子が生後三十一日目、女子が三十二日目というのが一般的です。
百日参りは、百日前後が一般的で、この日にあわせて、お食い初めの儀式を行います。

服装については、正式には、男子の祝着は羽二重(はぶたえ)の五つ紋で、鷹や鶴などのおめでたい熨斗目模様。
女子の祝着は縮緬(ちりめん)に花柄などをあしらった友禅模様の紋付を用います。
風習や習慣が違いますが、生れてきた赤ちゃんの健やかな成長と健康を願う気持ちは今も昔も変わりません。
お子様やお孫さんの成長と健康を子安鬼子母神様にお守り頂きましょう。
当山では日蓮宗祈祷法によりお札を授与して修法祈祷致します。

※その他各種ご祈祷・ご祈願・ご相談を随時受付ております。
小さな悩みや大きな悩みは一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談

03-3778-3434

pagetop