ご祈祷

七五三祈願

七五三とは、男女三歳は、髪を伸ばし、結い始める「髪置き(かみおき)」男子五歳は、始めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」、
女子七歳は、着物の付け紐をとって帯を使い始める「帯解(おびどき)(帯祝)」というのが由来です。

霜月(しもつき)11月の十五日に行うのは、11月15日が鬼宿日(きじゅくにち)鬼が自宅にいる日にあたるので、
鬼に邪魔されずにお参りが出来るという説や秋収穫を祝う「霜月祭り」の日という説があります。
時代や地域によって風習や習慣が違いますが、お子様やお孫さんの健やかな成長と健康を願う気持ちは今も昔も変わりません。
お子様やお孫さんの成長と健康を子安鬼子母神様にお守り頂きましょう。
当山では日蓮宗祈祷法によりお札を授与して修法祈祷致します。

※その他各種ご祈祷・ご祈願・ご相談を随時受付ております。
小さな悩みや大きな悩みは一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談

03-3778-3434

pagetop