ご法事お申し込み用FAX用紙(PDF)

お塔婆お申し込み用FAX用紙(PDF)

ご祈祷

ご祈祷について

仏さまのご加護を積極的に求めて、災いを除き、福を招き、所願を達成させようとするために行う行事や儀式のことを言います。
日蓮宗では、百日の大荒行堂で修行し、祈祷の相伝を受けたことを認められた僧侶を修法師といい、この修法師が行う「ご祈祷」を修法と言っております。


日蓮宗の大荒行とは

世界三大荒行に数えられる程の厳しいものと言われております。
その起源は、日蓮聖人晩年、大聖人の悲願であった帝都(当時の京都)の御題目布教を、当時まだ十二歳であった日像上人に託されました。

その後日像上人は、日蓮聖人遺命を叶えるが為、鎌倉由比ヶ浜にて十一月一日より二月十日の寒中壱百日間海にて水行を行い身を清め、読誦三昧に入って、心身の鍛錬と帝都布教の成就を祈られたのであります。

このことが起源となり、以来日蓮宗では十一月一日より二月十日の寒中壱百日間午前三時、六時、九時、十二時、午後三時、六時、十一時の七回の水行にて心身を清め、朝、昼、夕、夜のお勤めを含め読誦三昧に入って苦修錬行に励み、日蓮聖人のお弟子として、また修法祈祷師としての心身を鍛えるものであります。


ご祈祷内容

地鎮祭 詳細 上棟式 詳細
家祈祷 詳細 車両祈祷 詳細
六三除け 詳細 虫封じ 詳細
安産祈願 詳細 初参り 詳細
七五三祈願 詳細 開眼供養 詳細

メールでのお問い合わせはこちら

ページトップへ